経営者が心得ておかなければいけないこと3選


時間の管理と健康管理

会社に雇われて働くのとは違い、経営者はすべてが自分の責任になります。ひどい風邪で仕事ができなくなったら、収入もストップしてしまいます。トップが心身共に弱っていては会社は回りません。自分自身で健康管理をきちんとしておく必要があるわけです。

時間においても同じで、1日のスケジュールを立てて活動することが重要です。さぼろうと思えばいくらでもさぼれてしまうのが、自営です。

自己管理が必須と言えるでしょう。

自分軸をしっかり持とう

会社を起業するにしても店を持つにしても、ブレないコンセプトを定かにしておくことは大切です。経営者として成功するためには、何かしら一貫した方針で進めて行かなければほかのスタッフがついてきません。またお店をする場合でも、こだわりがあるからこそ人が集まり人気が出るケースは多いです。

一体何をしたいのか、どうありたいのか、初めに自分軸をはっきりさせてブレずに進んで行きたいですね。

コミュニケーション能力を高めよう

会社の発展は、人脈がものを言う面も大きいです。朝、近所の人と気持ち良く挨拶するかしないかさえも、売り上げに影響する場合があります。他人とのコミュニケーションは、経営がうまくいくためには欠かせないでしょう。

これは会社内においても言えることで、スタッフとのコミュニケーションがうまく取れていなければ職場環境は悪くなりがちです。意思疎通しやすい職場作りをすることで、皆がストレスなく働けて会社も発展するのです。

コミュニケーションは、さまざまな情報を得るためにも必要と言えます。経営者は共感力やコミュニケーション能力を磨くことが重要です。

会員制医療倶楽部では、1年に1、2回の人間ドックで得たデータによって、診察や入院の際に優先的に配慮され、一人一人に合った治療を受けることが出来ます。